読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

26歳、子宮筋腫から子宮肉腫の疑い

子宮筋腫と診断、備忘録

自己血貯血

1月4日に病院行って説明受けてから、

手術に向けての準備ということで自己血貯血をすることになりました。

 

多くの出血が伴う手術なので、輸血の可能性があるそうです。

そこで、あらかじめ自分の血を抜いて貯めておき輸血用に使うことで

拒絶反応などといったリスクを減らすことができるとか。

 

24日、31日、2月7日と3週に渡り通院することになりました。

 

で、今日が最初の日!

12時に来て13時から抜くって言われて

所要時間は大体12~14時

 

12時に来院して、最初に両腕見せてと言われ

太い血管のある右腕は自己血用にとっておこうといわれ。

(とっておくって?)

左からおもむろに採血の準備しだすから何するん?!

と思って聞いたら、まずは貧血どうか自己血ができるか

検査するため2ccほど血をとります。

ということでした。

 

あいつらほんと説明不足だよね(T_T)

 

そんで結果がでるまで30~40分ほどかかるので

血圧と体温測ってまっててくださいと。

 

血圧が80/50でかなり低くて測り直しさせられたw

その時はおしゃべりしたり動いてたから120/50になったけどw

体温は37.1度でわりとふつー

 

無事結果もでて自己血!

 

さっきの2ccのときは中央検査室てきなとこだったんだけど

採血室みたいな部屋に通され、歯医者で座るような椅子に

座らされて横になった感じ。

 

私は献血をしたことがないからイメージがわかないんだけど

横に仰々しい機械があってそれで血を吸う感じでした。

 

ちょっと痛かったけど、それよりも機械が動く振動が

刺しているところから身体に伝わってそれがものすごく怖かったw

 

ただ血の気がひいたりとか言うほど不調はなく終了。

終わったあとにもう一度血圧測るけど110/60で問題なし!

 

これで終わりか~!と思いきや

最後に注射します。と言われて、えっ。

 

なんか血を作る?とかだったかな

そんな注射を皮下注射でやるみたい。

 

近いのはインフルエンザの予防接種の感じ。

痛みも同じ。かなり痛いw

いたいいいいって言ってしまったw

 

で、本当は2時間ほど点滴を打たないといけないんだけど

仕事中抜けしてて戻りますと伝えてあるので、

経口補水液をもらいましたw

 

病院出る前に飲みきれとのことでした

 

味の素がだしている経口補水液なのですが、

なぞに青りんご風味。

しかも冷えてないし、くっそまずいです

 

あと、鉄剤を前にもらったのですが

どうも身体に合わずお腹を壊しまして

相談したところシロップに変更することになりました。

そのシロップは美味しくないのなんの!!!!!

 

ぐいっと飲んでお茶で流したところ

吐いてしまいましたwww

 

どんだけ合わないんだろうw

あきらめて鉄剤のみます><

 

医療費:約]9千円

自己血

入院とか説明

1月4日

主人には有給をとってもらい一緒に来院。

いろいろ主人にも説明を交えながら今後を話してくださいました。

今日の先生はとてもだるそうに見えた…。

こないだは優しく見えたけど。

 

あと今年初の診察日だけど、最終よりかは人は少ないように見えた

 

■どんな病気

子宮筋腫の疑いだが、肉腫の可能性がある。

 

■どんな手術

妊娠希望なので、子宮は残して筋腫をとる手術。

ただしかなりの出血をともなう。そのため輸血の可能性はある。

そのための自己血を今回おこなう。

(正直子宮ごと取る方が出血は少ないとも言われた。)

 

■病理検査

術中の病理はおこなうが断定はできない。

なので1~2週間かけて診断をおこなう。

筋腫の場合は1回の手術でOK。

 

肉腫の場合は子宮摘出。

そして開腹したときに術中の病理で明らかに悪いときは

起きたら子宮摘出の可能性もある。

 

正直これはかなりショックを受けました。

聞いたとき頭をガツンとやられた気分に。

すっげー泣きたい気分だったけど泣けない自分が悲しい。

 

病気についてはこんな感じ。

 

■術後

避妊は必ず。

子作りは半年から1年は待たないといけない。

医者の許可が出ればOKだったかな?

 

その間ピルで避妊はOK。コンドームも併用する方がいいと言われました。

でないと子宮破裂の可能性もあるとか怖いこと言われたので

リスクヘッジのためにピルを飲もうと思います…。

 

■帝王切開

一度手術をして傷がついている状態なので、

自然分娩は出来ない。

なので、お腹は同じ傷を開いて子宮は別のとこから切って

出すらしいです。

 

めっちゃ怖い!!!!正直自然分娩でも無痛分娩でいこうと

思っていたから帝王切開は予想外…。

 

でもしょうがないよね泣

 

あと、もし筋腫でも傷ついている状態だから

妊娠はしにくいって言われました…。

 

今回の手術で良くて妊娠しにくい。

悪くて妊娠が不可能。

 

なんか女性としてかなり尊厳が傷ついた瞬間でした。

かなりショックすぎてショックすぎて…。

 

診察後に私に声もかけずに、言われたことをノートに書きだそうとする

主人に腹が立ってしょうがなかった。

 

目の前にいる奥さんを大事にしないでノートが先か?!っていう。

このことについて真っ先に触れてフォローしてほしかったのに

なんともダメな夫というか…。

 

ここでかなりイラッとして喧嘩にしつつも

入院の説明まで聞きました。

 

驚きなのは術後1日目から動け歩けと!

血栓も作らないためらしいけど、そんな気力があるかどうか

 

普段でも土日は引きこもって半日寝ているのですが…。

 

そんな説明を受けながらもショックで正直あまり頭には

話がはいってこなかったです。

 

あああああ(´・ω・`)

セカンドピニオンの結果

12月28日に2つ目の病院に行ってきました!

 

今回は主人がいなかったから、気まずいけど

母親と。

 

年内最終診察日とあってか大混雑。

しかも朝に緊急手術が入ったらしく

待ち時間1.5hと受付で言われました。

 

実際2時間ぐらい待ったけどな!!

 

そこの病院は産婦人科で、他の科も兼ねているので

待合は赤ちゃんからお年寄りまで老若男女ごった。

 

健康なのでマスクしないで待っていたら

喉が痛くなって風邪もらいました!こわ

 

病院ではマスクしようと決めた日。

 

 

新しい病院の先生はなんと女医!

しかも若めの先生(に見える)

 

言い方とかも優しいから安心する…。

なにかの記事で見たけど女医さんが主治医の方が

生存率高いっていう外国の記事、大納得。

 

で、紹介状とか検査結果を渡しました。

最近はハイテクでたぶんDVDロム的なものに

カルテ?が入ってるぽい。

紹介状の封筒のシルエットは丸かったw

 

結局県病院の先生でも断定はしなかったけど

即手術の話になりましたw

 

そんなやばいの?w

 

前の病院では4月ぐらいに手術予定だったのが、

新しい病院だと2月に受けれるみたい。

 

病気の説明については、やはり筋腫とは言いきれない

悪性の可能性もあるということ。

画像だけで判断は難しいから、一度筋腫と思われるものを

とって病理検査をして様子をみるらしいです。

 

なので切除する手術を2月20日に仮予約しました。

来年の来院でどんな手術をするのかとか入院の説明らしいです。

 

あと、家族で一緒に来てください。と言われました。

私の場合は主人。単身赴任ですけど?と伝えるとそれでも。とのこと

 

もしかして説明義務とかが発生するのかもしれません。

 

とりあえず次は1月4日。

 

ちなみにこの日は内診ありました…。

しかもエコー?だけでなく、いろいろ見られたあとに

下の方チクッとするよーっていって何かしだしたんだけど

ほんっとうに痛くって!!!!

 

「いたいいいい、痛い!!!!!」

て叫んだらこれ以上は無理だねってことでやめてくれました。

本当痛くて怖かった。

 

初SEXとかの痛さじゃなくて、中に太い針を差し込まれている感じ…。

書いてて怖いw

 

そんな内診を経ての手術の仮予約の流れでした。

そんで急きょ術前検査を受けることに。

 

9時に来院してすでにこのとき12時。

さらに2時間ほどかかるみたいで、午後の出社に間に合うか

超絶不安☆

 

でもなんとか間に合いましたw

(厳密には30分間に合ってない)

 

術前検査は心電図と、肺活量とか血を抜いたりとか

検尿とかすぐに出来る検査ばかりで

痛いはあんまりない検査でした。

 

なんか新しい病院きてから怒涛のスピードで

手術の日程まで決まったので頭真っ白でした。

 

いままで現実味がなかったけど、自分のことなんだ!!と

現実味を帯びてきて少し怖くなったのを覚えてます。

 

でもこの時点で本当に実感はしてなかったかな…。

 

 

CTの結果

主人と結果を聞きに行きました。

 

結果、よく分からないと。

子宮筋腫と断言できないそうです。

もっと悪いものの可能性があるみたい。

ただしそれは症例が少ないから医師も自信ないみたいで。

 

子宮肉腫?スタンプみたいなことを診断書には書いてた気がする。

だけどそこの医者、じじいって感じの医者だから

やたら説明に専門用語使って全然噛み砕かないやつ

 

こっちが質問してもそれにも全部専門用語で返すから話にならないw

 

ただそんないつも強気なじじいが珍しく弱気で

いうからおおごと感でるよね…。

 

匙なげられて別の病院を紹介されました

いわゆるセカンドピニオンだね

 

県立とか国立の病院の方が経験も豊富だから

そこの意見も聞きたいらしい。

 

で、筋腫じゃない場合は今の病院じゃ手術できないらしい。

開腹の場合はよそにいかないといかんとのこと。

 

もう12月も下旬だったけど、28日にどうにか県立病院に

予約して診察いくことになりました…。

とほほ

 

 

造影CT

忙しくて書くのを忘れてました

 

 造影CTは午前中に受けたので朝ごはんは抜き

まずは点滴ということで針をさされ……

 

ここで初めて自分のダメなこと1つ知りました

注射は怖いけど苦手なわけでもない

(怖いて言うけど口に出すと平気になる人)

けど針が刺さってるところはみれない

 

そして点滴とかは刺しっぱなしな訳ですよ

 

身体に異物が入ってるのが無理なんだ!!!!

今まで注射の度にモヤっとしてたのですが、その気持ちが何か分かりました

 

刺さるのが怖いとか針が怖いとか痛いのが怖いんじゃなくて、身体に異物が入るのが怖いんです!!!

 

なので点滴はものすごく恐怖を覚えました

初めて本当に怖いと思った

 

正直空調は暑かったのに、恐怖で手足は冷たく

なのに手に汗をかくという状態で軽くパニックでした……

 

 

でもヨガの先生に教えてもらった呼吸法で精神統一してみたらこれが意外と我慢できた(笑)

 

しばらくは食塩水?かなにかいれて10分ほど終わるまで処置室の椅子に座ったまま

 

点滴終わったら、いざCTへ

 

金属はつけてないので私服のまま

 

造影剤の説明は

造影剤そのものは人肌の温度なので、温かさや入ってくるときにカーっと熱く感じます

って言われました!みんながブログで書いてるように

 

実際に左腕から入って胸から下半身が熱くなるのを感じました

 

かなり熱い!身体の中から燃えるよう…

高熱のときより熱いです

説明がなかったらかなり怖いかも

 

CT自体はスーッと終わりました

息をすったり吐いたりするタイミングを指示されて2,3回ほど繰り返したら終わった気がします

 

待ち時間は長いけど処置はあっという間!

終わったらまた点滴の処置室にもどり生理食塩水?を再点滴

 

造影剤を早く出すためらしいです

そのためにいっぱい水分とって出してねとのことでした

1日で造影剤は抜けるそう

 

結果はまたまた…。

 

 

MRI結果

結論から言うと答えは出ず…

 

巨大壁内変性筋腫、疑い

だって

 

大きさは約10cmぐらい

でもその影が、ふつーの筋腫と違うらしい。

 

ふつーの筋腫だと、影が真っ黒なのに対し

白い影があった

 

てかMRIじゃ、分からんのかい!!!

ていうー

 

結果、造影CTというのを受けることに。

午前中の検査だと朝ごはんは抜きらしい。

午後の検査だと昼食抜き、検査より4時間前には食べちゃいけないとか??

 

あと、造影剤をいれるから点滴しながら検査するんだって

MRIと同じく金属は禁止

 

点滴ってのが…

高額医療制度

手術入院でお金がかかるのはもう目に見えている

 

事前に申請だして抑えることも出来るらしいので、調べ中

 

こういうことって、誰にどこに聞けばいいのから分からないからつらたん

MRI

本日受けてきました。

 

健康診断の時の病院へ。

てか、健診センターもこれから通う病院もどっちも遠い!!w

免許を持っていないので、バスでの移動なのですが40分から50分かかります。

 

しかも田舎なので1時間に1本とかwww

またまた田舎なのでバスは時間通りに来ないし、時間通りにつかないwww

通院が憂鬱です

 

話しは戻り初MRI

あらかじめ金属がついてる格好はダメということを調べてきたので、スポブラとかゴムのガウチョで行きました。

残念ながら結婚指輪も外して……(´;ω;`)

 

金属はないですねーと言われたので

検査服には着替えず私服のままで台へ!

 

病院服だったり、ノーブラとかいつもと違う格好をすると緊張したりしてしまうと思うので、

軽装で私服の方が落ち着いて検査を受けれると思います!

 

靴を脱いで台に乗り、子宮なので腰あたりを固定して板みたいなのを置かれました。

 

腕は胸の上で組んで動かないようにと言われ、

気分が悪くなったりボタンを押してねとナースコールみたいなスイッチを持たされました。

 

私の想像ではすっぽりドームの中に閉じ込められると思ったのですが、筒の中に入ってる感じ

 

足と頭の上は余裕ありました。

(私が背が小さいのもあるかも)

やっぱり正面、目の前はすぐMRIの中なので圧迫感はありますが目を瞑ればあまり気にならない。

 

気になったのは、風w

中は風が吹いていて目を開けていると乾燥するのなんの

顔もカピカピになりそうでそっちに気がいってしまいました

 

中まで入るとヘッドホンをつけられます。

中ではものすごい大きな音が2、30分するためのようです。

トイレで流れていそうなつまらない綺麗な音楽が流れます。

 

そしたらいよいよ検査スタート!

最初は警報のような「ガーガー」という音、

ヘッドホンしててもかなりうるさいので、ヘッドホンなかったら耳が痛いはず……

 

次にこれまた警報のような「ピピピビビ」と言った音に、FAXのような「ガガガ」と言った音

時折上下に動いたりして撮る位置を変えていたようです。揺れるような振動のときもありました。

 

思ったより、閉所は平気でしたw

ただじっとするのが非常に苦手なので、途中で腕を掻きむしってしまい

中断されて動いちゃダメと言われましたwww

乾燥するので痒いwww

 

考え事やウトウトしながら無事終了!

 

結果は来週病院にて聞きます。

主人とも壮大な喧嘩をした結果、来てくれることになったので一緒に結果を聞きます!

今回は6550円でした!高すぎ!!

 

あと私はすっぽり入ってないのは腰だったからかもしれません。

頭とかだったら入りそうですね

別の病院で検査

健康診断から2週間後


ちなみにその病院は水曜日と金曜日しか初診予約を受け付けていないということで、有給とりました


ほんとそれどうなの?!とは思いますが…

有給の取りやすい会社で良かったw


当日病院にて1時間半ぐらい待たされようやく診察。


健診センターより検査とか案内が雑で少し嫌だったけど、また下脱いで股ひろげて検査。


その結果、卵巣じゃなくて子宮筋腫

と言われました(゚ロ゚)


そっこーで手術の話をされました。

そんなに大きいってこと?!


この年齢でこの大きさは子供産みたいなら、取った方がよいとのこと。


で、大きさってなんぼよ?!と言いたいところが、次はMRIで詳細見ましょうと…


その日は、

筋腫でありコブは1個確認できる

子供が出来づらいし、出来ても流産する可能性が高い

と言われました。


そして手術はすぐに出来ないということ。

まずは三ヶ月注射で、筋腫を小さくしそれから切るそうです。

それから半年は子宮に傷がついてる状態なので避妊すること


28歳までに欲しいと思っていたので、今治療を始めないと間に合いません……(;_;)


手術と入院は5泊6日で、更に1週間は自宅療養

計二週間の休みを取らないといけないと言われました。


実は会社では自分のチームを持っており、これでもリーダーなので半月休むことに不安を抱き

事務作業な仕事でもダメなのか?と聞いたところ

「ダメですって言うより、術後はそんな気力になれないと思うよ」と言われましたw


そりゃそうか。

ただでさえ私は体力ないしw


4月以降に手術・入院となりそうです。


あと

40代ぐらいの女性に多いんだけど、まだ20代だしね〜、お母さんは筋腫じゃない?

と言われたのですが母とは話をしないので分かりませんとしか答えられませんでした。

不仲ではないのですが、なんか他人行儀になってしまう


ただ、祖母は子宮体がんでした。

(治療して生きてますw)


母は外に出ることがあまり出来ないので病院もなかなか行かないのですが、母もじゃないかと心配になりました…(>_<)


この病院にはMRIがないそうで、3日後にまた健康診断の時の病院で受けることになりました。

ちなみに今回の費用は2000円弱


12時前には色々終わったのですが、やっぱショックを相当受けたので会社休んで良かった…

仕事に行く気になれませんもの


その日は平日休みの友人にあって気晴らしをして、帰ったら旦那と大喧嘩してしまい

筋腫のことを言えずそのまま…


うちは単身赴任なので、Skypeでやり取りするのですが喧嘩してしまうと長引く(゚ロ゚)


この日は、親友1人にのみ結果を伝えました


考えることが多すぎて頭がパンクしそうです